2014年06月23日

RX100M3 覚書

昨日、念願の RX100M3 がやってきました。
まだまったく使えてないのだけど、レンズに関して少し。

IMGP0226.jpg

24-70mm F1.8-2.8 という明るいズームレンズを搭載したこのカメラですが、さすがに F1.8 なのは広角端のみで 24 → 25mm へと少しでもズームをかけると F2.0 に暗くなります。

そこで各焦点域でどの程度の明るさになるのかを覚書として残すことにします。
細かく調べてる時間は無いのでステップズームで設定できる焦点距離とそれぞれの明るさおば。

 24mm → F1.8
 28mm → F2.5
 35mm → F2.8
 50mm → F2.8
 70mm → F2.8

こうして見ると、24-70mm F2.8通し(広角端のみF1.8おまけ付き)レンズとして見ると精神衛生上良いのではないかと( ^ ^;)
初代や M2 も広角端のみ F1.8 でズームするとどんどん暗くなってましたから、F2.8 で止まるのはやはりありがたいな。

実際、70mm F2.8 で 30cm まで寄って撮れるのは使い勝手が良いのです。
posted by いもぬ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

Cyber-shot 買い替え

つい先日、発売になったばかりの Cyber-shot DSC-HX30V(以下 30V)を購入したので簡単にレビューしたいと思います。

DSC00973.JPG
<このデザイン、結構好みです>

実はこのカメラの前モデル DSC-HX9V(以下 9V)を一年ほど使っていまして、写真にビデオにと大活躍しており当分買い替えなくてもいいかなぁ、なんて考えておりました。
しかし、結局買い替え。
つまりそれだけ良くなってるって事なんですよ。

DSC00972.JPG
<左 30V、右 9V>

何よりありがたいのは、この世代より Cyber-shot に実装された Wi-Fi 機能。
PlayMemories Mobile. を使って直接 iPhone/iPad に画像を流し込めます。これを目当てに買ったと言っても過言ではありません。
iPhone4s になってカメラ画質がキレイになったとはいえデジカメの光学ズームや多彩な撮影機能の恩恵に与れるのは魅力です。
アプリの使い勝手も悪くありません。

DSC00977.JPG
<単体で iPhone に画像転送できます>

IMG_1656.PNG
<アプリ側から、一枚だけ、複数枚、全画像一括転送の三つが選べます>

そうそう、光学ズームも 9V の16倍ズームに比べて 30V では20倍ズームと機能アップしてます。
さらに今流行の超解像ズームで劣化を感じさせずに(デジタルズームなんで劣化はしますが)40倍まで望遠撮影ができます。

1/2.3" CMOS の 1,800万画素ということで等倍鑑賞にはとても堪えられない画質ですが、モニターで鑑賞したり L版や 2L版(下手すれば A4サイズも)位までの印刷ならそれほど神経質にならなくても十分に使えると思います。

これだけ機能アップしていながら 9V と比べて若干ですが動作がキビキビとしてるのもいいですね。

で、細かな話なんですが、このシリーズ前モデルの 9V から USB 充電に対応していました。
これで iPhone用に持ってるエネループモバイルブースターでも充電できると喜んだものの 9V ではコネクターの形状が独自の形をしており専用ケーブルでないと充電できませんでした。
しかしこのモデルから汎用の microUSB コネクターに変更になってて非常に扱いやすくなっています。

DSC00974.JPG
<これでバッテリー残量をあまり気にしなくてよくなりました>

このクラスのカメラは画質よりも機能性を重視して選んでいるので大満足です。

正直言えば、これ以上 画素数を増やさないでーーーー!!って言いたいところですが・・・。
posted by いもぬ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

Nikon D40 買っちゃった

少し前の話ですが、久しぶりにデジタル一眼レフカメラを購入しました。
購入したモデルは、Nikon D40

nikon_d40_camera-091106.jpg


このカメラ、発売されたのが 2006年12月。
発売後、2年半は経っているモデルです。
進歩の速いデジカメの世界では、2年半と言えばかなり大昔。

実際、D40 の後継モデルとして、D40x(2007/03)、D60(2008/02)と順当にモデルチェンジを重ねていて、最近では D5000(2009/05)という新機軸のモデルが出ています。

私も昔、この D40 を所有していた事が有りました。
というより発売日に購入して、ガッツリ使っていたのです。
ただ生来のあたらし物好きが災いして、D60 そして D90 へと買替え、でかいカメラは出番が少ないという理由で、コンデジオンリーの生活になっていました。

しかし、そろそろ生産終了になるのではという風の噂が聞こえて来た上に、値段もかなり下がっており、再度所有したいという欲求にかられていました。
ここへ、ある方からの背中への痛恨(会心かな)の一押しが加わり、ほぼ底値と言える値段で購入してしまったわけです。
(レンズキット 38,000円くらいでした)

この D40 は、最新の機種には負けますが、必要十分な機能性、小振りなボディそして何より、適度な画素数と非常に使い勝手の良いデジイチです。

ある方曰く「これは名機です」

デジカメは、善し悪しに関わらずモデルチェンジの際には画素数が増えるのが決まりのようになってしまいました。
でもですよ、高画素化が無条件でいいとはとても思えません。
大きな高解像データを必要としない、僕のような素人なら 600万画素もあれば十分なんですけどねぇ。

画素サイズに余裕があるからなのか、色味の豊かな画像を描いてくれます。

個人的には PC の BTO の様に、同一ボディで CCD、記録メディア、付属レンズなんかを選べるといいと思うんですけどね。

久しぶりにデジイチを買って私にも変化がおこりました。

レンズ欲しい病が発症!!
posted by いもぬ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。