2012年03月20日

Cyber-shot 買い替え

つい先日、発売になったばかりの Cyber-shot DSC-HX30V(以下 30V)を購入したので簡単にレビューしたいと思います。

DSC00973.JPG
<このデザイン、結構好みです>

実はこのカメラの前モデル DSC-HX9V(以下 9V)を一年ほど使っていまして、写真にビデオにと大活躍しており当分買い替えなくてもいいかなぁ、なんて考えておりました。
しかし、結局買い替え。
つまりそれだけ良くなってるって事なんですよ。

DSC00972.JPG
<左 30V、右 9V>

何よりありがたいのは、この世代より Cyber-shot に実装された Wi-Fi 機能。
PlayMemories Mobile. を使って直接 iPhone/iPad に画像を流し込めます。これを目当てに買ったと言っても過言ではありません。
iPhone4s になってカメラ画質がキレイになったとはいえデジカメの光学ズームや多彩な撮影機能の恩恵に与れるのは魅力です。
アプリの使い勝手も悪くありません。

DSC00977.JPG
<単体で iPhone に画像転送できます>

IMG_1656.PNG
<アプリ側から、一枚だけ、複数枚、全画像一括転送の三つが選べます>

そうそう、光学ズームも 9V の16倍ズームに比べて 30V では20倍ズームと機能アップしてます。
さらに今流行の超解像ズームで劣化を感じさせずに(デジタルズームなんで劣化はしますが)40倍まで望遠撮影ができます。

1/2.3" CMOS の 1,800万画素ということで等倍鑑賞にはとても堪えられない画質ですが、モニターで鑑賞したり L版や 2L版(下手すれば A4サイズも)位までの印刷ならそれほど神経質にならなくても十分に使えると思います。

これだけ機能アップしていながら 9V と比べて若干ですが動作がキビキビとしてるのもいいですね。

で、細かな話なんですが、このシリーズ前モデルの 9V から USB 充電に対応していました。
これで iPhone用に持ってるエネループモバイルブースターでも充電できると喜んだものの 9V ではコネクターの形状が独自の形をしており専用ケーブルでないと充電できませんでした。
しかしこのモデルから汎用の microUSB コネクターに変更になってて非常に扱いやすくなっています。

DSC00974.JPG
<これでバッテリー残量をあまり気にしなくてよくなりました>

このクラスのカメラは画質よりも機能性を重視して選んでいるので大満足です。

正直言えば、これ以上 画素数を増やさないでーーーー!!って言いたいところですが・・・。
【関連する記事】
posted by いもぬ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

iPad でるし、Mac の妄想、妄想〜

いよいよ明日、New iPad が発売になります。

why_hero.jpg

何と言ってもこの世代から画面解像度が 2,048×1,536 というとんでもない細かさになるワケですけど、
iPad といい、iPhone といいApple は固有の解像度からの脱却を目指してるのは間違いないところですね。

Web サイトも、アプリケーションも特定の解像度から解放されて自由な表現力を得るべき・・・ってな感じでしょうか?

その流れは Mac に向けても来ると思いたくなりますよね。
一番、期待しているのは MacBook ProMacBook Air なんかのノートマシン。

MacBook Pro 15" で解像度 3,320×2,100 とか、MacBook Air 13" で 2,880×1,800 とか。

現状でも Safari で Webページをダブルタップ(ダブルクリックじゃないですよ)すれば iPhone と同じように記事が拡大表示されます。画面解像度が荒いため文字が滲んじゃいますけどね。
これが Retina ディスプレイだったらとワクワクします。
またノートマシンの場合、高解像度モデルは欲しいけど、文字が小さくて見えないんだよなぁ〜なんて悩みも解消されるかも。
純粋に画面の大きさだけ選べば良いわけです。

MBP の場合、この液晶で光学ドライブを HDD に置き換えて Dual HDD が実現するならメインマシンにしたいくらいです。

その前に New iPad なんですけどね〜
posted by いもぬ at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

Ustream を見なくなった理由

久しぶりのエントリーなのに愚痴っぽくなっちゃいますが・・・。

最近、とみに Ustream を見なくなりました。
Twitter のタイムラインにはリンクが流れてきますし、楽しそうにやり取りしてるのも見えて仲間入りしたいんですが、なかなかそのリンクをクリック出来ないってのが現状です。

Mac の前に座っていればまだいいんですが、モバイル機器ではその傾向が顕著です。

実際、iPhone や iPad 等の iOS デバイスだと視聴がスムーズにいきません。
映像が途切れて音声だけになったり、配信そのものがストップしたり。
一番の問題はタイムラグがあると言う事、PC/Mac で見ているのと比べて iOS デバイスだと 20秒以上遅れて流れているんです。

Ustream は視聴者とのリアルタイムなやり取りが醍醐味だと思うんですが、コメントを書いたときには話題が変わってた、では面白さも半減です。(これ結構、痛い)

じゃ、Android デバイスではどうかというと、ほぼリアルタイムで流れていて映像の途切れも少なく良好なのですが、こちらからのコメントはチャットに書き込まれて、ソーシャルに流せないという欠点があります。

いや、いいんですよ、完璧なサービスなんて無いと思ってますから。
問題なのはこれはかなり前からの問題だと言う事です。
つまり改善する気がないのか不可能なのか、ずっとこの状態だという事なんですよね。

パソコンの前にいないとちゃんと視聴&参加できないのでは魅力半減です。

配信側の機材やコンテンツがいかに素晴らしくても受信側に足枷があったのでは良くないと考えます。

Ustream には是非、モバイル環境での視聴環境の改善をお願いしたいな。

ちなみにどうしても見たい番組は、Android で視聴して、iPhone からコメントを書いてます。
てへ ( ╹◡╹)
posted by いもぬ at 10:41| Comment(1) | TrackBack(0) | ソーシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。